会計監査
btn_audit_off

会計監査

  • 会計監査は企業が作成する財務諸表に対して、監査人(監査法人)が財務諸表の適切性を保証するために行われます。子会社、支店等が所在する国において要求される会計監査(法定監査)の他、親会社への報告目的の連結パッケージ監査などがあります。

  • SCSでは、多くの拠点において、自社グループ内に各国の当局に認可を受けライセンスを有する監査法人を抱えています。(対応拠点については拠点案内をご覧ください)
    クライアントのビジネスや組織体制、また親会社やグループの方針を深く理解した上、会計監査への影響を事前に把握し、効率的な監査を進めます。
    各国の規制により求められる品質管理体制を構築し、また、各国の監査法人において、継続的な教育研修を実施しています。

  • 法定監査(Statutory Audit):

    法定監査は、主に各国の会社法や関連法によって求められる会計監査であり、原則としてすべての会社に会計監査が求められる国や、一定の条件にあてはまる場合のみ会計監査を受けることが要求される場合など、その法規制は国によって異なります。
    SCSでは、各国の法規制によって求められる会計監査を、グループ内の監査法人にて対応しています(一部の拠点を除く)。

  • 連結パッケージの監査、レビュー:

    各国に所在する子会社等の財務諸表を、親会社における連結財務諸表に取り込む場合、「連結パッケージ」という形で、親会社への報告が求められることがあります。また親会社の会計監査人からの要請で、子会社の法定監査財務諸表とは別に、この「連結パッケージ」の監査を求められることがあります。監査の他にも、より簡易的な検証を実施するレビュー(四半期、半期レビュー等を含む)についても対応しています。
    法定監査の有無にかかわらず連結パッケージの監査の対応が可能です。また法定監査と合わせて実施する場合には、双方の監査をよりスムースに進めることが可能です。

  • 内部統制監査:

    いわゆるJ-SOXなど、内部統制について外部の監査を求められる場合があります。各国の子会社においては主に、親会社あるいはその会計監査人からの要請で、子会社の内部統制監査も監査範囲に含まれることがあります。内部統制監査の経験豊富なローカルメンバーを有しており、各国の内部統制監査への対応が可能です。

  • その他任意監査、レビュー、合意された手続:

    上記以外にも、監査に類する保証業務であるレビュー手続や合意された手続(特定の手続を実施その結果を報告する業務)など、要望に応じてテイラーメードの対応が可能です。
    例: 属する業界の監督官庁への特定の財務数値の報告に際して監査法人等によるチェックが求められる場合(その他事例追加)

サービス対応地域