税務
btn_tax_off

税務

  • 海外へ進出し事業活動を始めると、日本とは異なる様々な税制に直面します。各国における様々な税務に関して、税務コンプライアンスの遵守と、税務最適化を支援いたします。
    SCSでは、各拠点に各国税務の専門家を配置するとともに、日本の税務専門家とのコラボレーションにより、企業の国際的な事業活動に付随する様々な税務問題へのサポートを提供します。

  • 法人関連税務に関する申告業務:

    事業活動に伴い、国によって様々な税の申告や納付が必要となります。法人税や付加価値税(VAT / GST等)、資産税や印紙税など、経常的あるいは非経常的な取引に付随して申告や納付が必要となる税金に関して、税制に準拠した申告と納付を支援いたします。
    新興国においては、税制が頻繁に改正される場合もあり、またその運用が不透明であることも少なくありません。各国の税務に精通した、経験豊富な現地の専門家と共に、税務サービスを提供します。

  • 国際税務(源泉税、外国税額控除、移転価格税制):

    国際的な事業活動を始めると、一国の税制だけではなく複数国の税制や租税条約なども、投資ストラクチャーや事業活動そのものに影響を及ぼすこととなります。
    複数国に跨り新しく事業を始める際や、低税率国を絡めた投資ストラクチャーの組成など、事前の税制関連のスタディーやアドバイスなどを提供いたします。
    また、実際の国を跨ぐクロスボーダー取引に関する税務申告、配当や利息、ロイヤリティの支払いに関する源泉税の納付や外国税額控除の適用などの申告、納付業務のサポートを提供しています。
    その他にも、近年、新興国においてもOECDガイドラインに従った移転価格税制が制度化されている国が増えつつあります。移転価格税制への備えとしてのアドバイスや文書化サポートなども対応しています。

  • 駐在員等の個人所得税申告:

    各国への駐在員の所在国への個人所得税の申告代行を行っています。駐在員の給与や手当は現地での支給以外にも本国でも支給される場合があり、これら給与形態に即して適切な申告をサポートいたします。

サービス対応地域