サービス案内

サービスライン

私たちSCSでは、”One Team, No Border”のビジョンのもと、利害が一致した一つのチームが国境を越えてサービスを提供することを最大の強みとしています。クライアントのビジネスが多様化かつ国際化するなか、国際取引を双方の国の観点からサポートすることが非常に重要となります。

各拠点が日常的に連携を取りながら業務を行うことで、国に縛られない最適な専門家チームの編成を実現し、クライアントの様々なニーズに合わせた柔軟なサービス提供が可能です。

また、大手国際会計事務所に比べ少人数ながらも、少数精鋭のメンバーが各国にローカライズして業務を行っているため、各国の実務的な取り扱

いと実務経験に基づいた、会社設立、JV組成及びM&Aアドバイザリーなどの進出支援、記帳代行、税務申告及び法定会計監査などのコンプライアンス業務、その他広範囲にわたるコンサルティング業務に至るまでの網羅的なサービスをリーズナブルな価格で提供しています。

クライアントに満足頂けるサービス提供を通じ、私たち自身も成長し、ひいては社会や国々への貢献を行うことが、私たちの目指すサービスです。我々のようなサービスのSeller、サービスの買い手であるClient及び社会や国々を指すSocietyが全て発展できるように、近江商人の言い伝えでもある「三方良し」を心に刻み、SCSは今後も研鑽を続け世界に貢献できるように邁進します。

会計監査

会計監査は企業が作成する財務諸表に対して、監査人(監査法人)が財務諸表の適切性を保証するために行われます。子会社、支店等が所在する国において要求される会計監査(法定監査)の他、親会社への報告目的の連結パッケージ監査などがあります。

アウトソーシング

事業活動を行うには、経理や人事などのバックオフィス業務(管理業務)が必要となります。進出先の国では、これらの専門人材の確保が容易でない場合もあり、また費用面でも外部へアウトソースした方がより効率的な場合も多くあります。

税務

海外へ進出し事業活動を始めると、日本とは異なる様々な税制に直面します。各国における様々な税務に関して、税務コンプライアンスの遵守と、税務最適化を支援いたします。SCSでは、各拠点に各国税務の専門家を配置するとともに、日本の税務専門家とのコラボレーションにより、企業の国際的な事業活動に付随する様々な税務問題へのサポートを提供します。

コンサルティング
/アドバイザリー

企業の海外進出、海外での事業活動に関して、様々なコンサルティング、アドバイザリー業務を提供しています。特定の国への進出に関するコンサルティングはもちろんのこと、複数国に跨る進出や再編などへのアドバイス業務も、各国に自社拠点を持つSCSの強みを生かし、ワンストップ体制でこれらのサービスを提供しています。