イギリス

イギリス

  • H3P LIMITED
    131-135 Temple Chambers 3-7 Temple Avenue London, EC4Y 0HP, UK
    T: +33-6-67-13-30-11 (日本語)
      +44-(0)207-929-1203 (英語)

    F: N/A
    担当:栁舘 勇介

  • 設立: 非公開

  • メンバー数: 非公開

  • クライアント数: 非公開

  • 対応言語: 日本語、英語、フランス語

拠点概要

2016 年 6 月 24 日、イギリスでEUからの離脱の是非を問う国民投票で、イギリス国民は「EU からの離脱(Brexit)」を選択しました。その影響は欧州のみならず、日本にまで及ぶものと考えられますが、高い能力を備えた人材、簡潔な法制度、透明性の高い規制システムにより依然事業拠点を配置する重要性は高いと考えられます。なお、日系企業としては、古くから製造業の進出が盛んですが、そのほか金融業をはじめとしてイギリスの産業的優位性を背景に進出した企業や、欧州進出への足掛かりとして幅広い業種の進出が見られます。
SCS-Invictusグループではよりきめ細やかで高品質なサービスを提供すべく、イギリス勅使会計事務所とジョイント・ベンチャーを組み、日本人公認会計士が常駐するジャパンデスクを設置しております。
クライアントのニーズに合わせ会計、税務、法務、監査、その他ビジネス関連全般をサポートさせて頂いております。品質はもとより、迅速、明瞭なサービスをモットーに、お客様の良き相談相手でありたいと願っております。
また、"One Team, No Border"の理念のもと、欧州各国のSCS-Invictusグループ拠点と連携しクロスボーダー案件についても柔軟に対応できる体制を構築しています。

Key Personnel

  • イギリス
  • 栁舘 勇介 やなぎだて ゆうすけ

    イギリス担当
    ディレクター
    公認会計士(日本)

    1984年生まれ。公認会計士試験合格後、2008年大手監査法人入所。トータル・サービス部門にて株式公開支援業務、公開会社への金融商品取引法監査、大会社に対する会社法監査、特定目的会社に対する資産流動化法監査を担当。グローバル・サービス部門に転籍後、海外拠点を有するマルチナショナル・クライアントに対する法定監査、IFRSに基づく監査、IFRS導入支援業務を担当。
    2012年、シンガポールにわたりSCS-Invictusへ入社。シンガポール会社法に基づく監査業務、国際税務・クロスボーダー組織再編、シンガポール上場に関するコンサルティング業務並びにASEAN諸国での財務デューデリジェンス業務に従事。
    2014年SCS Global Turkey Director就任を経て、2017年H3P UK Directorに就任。

サービスライン