ベトナム

Q&A - ベトナム事務所より

全般


会計監査


税務

  • Q. 法人税の申告スケジュールを教えてください。

    btn_arrow_white btn_arrowdown_white
    • A: ベトナムにおいては、四半期毎の法人税額の予定納税(申告は不要)及び年度末の確定申告が要求されています。
      四半期毎の予定納税の期限は四半期末日後30日以内で、年度末の確定申告の期限は年度末日後90日以内です。

  • Q. 源泉徴収税の対象範囲にはどのような項目がありますか?

    btn_arrow_white btn_arrowdown_white
    • A: 外国契約者に対する以下のような支払いについては、その支払者であるベトナム法人が源泉徴収を行い、税務当局へ外国契約者税の申告、納付を行う必要があります。

      - 貸付金などに係る支払利子
      - ロイヤルティ
      - 技術料、プラントや機械設置にかかる据付手数料
      - 請負工事代金のサービス部分 等
      各税率については支払先の国との租税条約の有無により軽減税率の適用もある為、詳細については弊事務所担当者までお問い合わせください。

  • Q. 個人所得税率を教えてください。

    btn_arrow_white btn_arrowdown_white
    • A: 居住者に対する個人所得税率は累進課税方式となり、全世界所得に5%~35%の税率が適用されます。
      非居住者に対する個人所得税率は、ベトナム源泉所得のみに課税され、税率は一律で20%です。

  • Q. 個人所得税はどのように申告を行うのですか?

    btn_arrow_white btn_arrowdown_white
    • A: 暦年ベースの1月から12月までの年間所得を、年度末日後90日以内に確定申告することとなります。
      月次毎もしくは四半期毎の申告及び納税も必要ですが、会社によりいずれのスケジュールで申告が必要かは異なりますので、詳細については弊事務所担当者までお問い合わせください。

  • Q. 個人所得税の課税範囲にはどのような項目がありますか?

    btn_arrow_white btn_arrowdown_white
    • A: ベトナム国内源泉所得となる、給与所得、手当、賞与、現物給与、及び不動産賃貸収入等のその他の所得が課税範囲となります。
      主な現物給与としては住宅家賃、社用車の私的利用に該当する費用、一時帰国費用、ご家族の教育費などがありますが、非常に多岐に渡る為、詳細については弊事務所担当者までお問い合わせください。


アウトソーシング

  • Q. 記帳代行費用を教えてください。

    btn_arrow_white btn_arrowdown_white
    • A: 記帳代行費用については、取引のボリューム、報告期日、報告頻度などをお伺いし、総合的に検討させて頂いた上でのお見積りをさせて頂いています。
      詳細については弊事務所担当者までお問い合わせください。


コンサルティング
/アドバイザリー

  • Q. 最低資本金額はいくらとなりますか?

    btn_arrow_white btn_arrowdown_white
    • A: 特定の業種(不動産業、銀行業、証券業、保険業等)を除き、最低資本金額の規制はございません。ただし、実務上は相当の資本金額でないと外資系企業の場合は設立の許認可がおりないケースがあります。

  • Q. 会社設立の費用、所要期間を教えてください。

    btn_arrow_white btn_arrowdown_white
    • A: 下記がおおよその設立スケジュールとなります。

      取得するライセンスによって異なります。
      IT業やコンサルティング業等の取得難易度が低いライセンスは、所要期間は数ヶ月での取得が可能です。
      商社業や小売業等等の取得難易度が高いライセンスは、所要期間は数ヶ月から、場合によっては1年近くかかってしまうケースもございます。
      詳細なスケジュールや必要情報、また費用については弊事務所担当者までお問い合わせください。

  • Q. 就労ビザ取得の要件について教えてください。

    btn_arrow_white btn_arrowdown_white
    • A: 就労ビザを発行する会社のステータス、及びビザ申請者のステータスの両方で判定されることとなります。会社のステータスとしては資本金の金額や実際に行うビジネスの内容など、申請者のステータスとしては学歴、職歴、給与額、役職、などがあり、これらを総合的に判断されることとなります。